不用品回収コラム

後を見てくれる人がいなくて仏壇に困っています

高齢化社会と同時に少子化が進み、今やお年寄りとされている方ですら掛け金を払わなくてはいけない時代となりました。
困るのは金銭面だけではありません。
少子化という背景から昔のように親子三代暮らしというライフスタイルは激減し、それどころか長男だから家を継ぐのが当たり前という考え方そのものも希薄になりつつあります。

これは結婚したい当事者のどちらもが一人っ子であるケースも少なくなく、また故郷を離れて知り合い、そこで結婚して新たな生活を築くからです。
親が年老いたから田舎に引っ越すというよりも、田舎の親をこちらに呼び寄せるケースも増えてきましたがお年寄りは住み慣れた土地を離れたがりません。
配偶者が亡くなるとお年寄りの一人暮らし世帯が増えてくることになります。
そしてその方も天に召されると住居には誰も住む人がいなくなり仏壇はそのままという状態になります。

仏壇は次の世代に受け継ぐものであって決して放置するものではありません。
かといって仏壇があるから住居をそこに移すということも難しいでしょう。
となると、仏壇を子が住む場所に移動しなければいけませんが、何らかの事情で仏壇の面倒を見られない状況になってしまった時はどうすればいいでしょう?粗末に扱っては罰が当たりますのでちゃんと供養をしましょう。
先ずはそういうのを取扱いしている業者がありますので連絡をします。
仏壇にいたってはお魂抜きやご供養をしてくれた上で処分処理を請け負ってくれます。

仏壇に限らず仏具、ご本尊様(仏像)・お位牌・ご遺影、更には故人様の遺品類・思い出のお品・写真・アルバム類等に至るまで幅広く供養をしてくれた上で処分処理を行ってくれます。
本来ならば故人のお子さんが引き継ぐことが望ましいのですが、事情で出来ないケースやお子さんがいらっしゃらないケースなどに利用します。

当サイトオススメの不用品回収業者

かたづけナイト

訪問見積もり不要!オンラインで簡単に出来る見積もりと、明瞭な回収料金、即日回収対応可能。回収作業も最短時10分からと、手続きから回収まで迅速なサービス対応が人気。

公式サイトはこちらから

かたづけナイト 不用品回収


ページの先頭に戻るページの先頭に戻る