不用品回収コラム

新しい携帯にしたのでSIMカードや古い携帯電話が要らなくなった

昔はいたるところに置かれていた電話ボックスや公衆電話は10円玉や100円玉を使用しましたがそのうちテレホンカードが普及し随分便利に感じた方も多いことでしょう。
しかしこれは自分から相手に電話をするもので相手から連絡する方法としてポケベルのサービスが開始されました。

日本で最初に使われたのは1968年ですが1986年頃から急速に普及したものの携帯電話やPHSの普及に伴い、ポケベルのサービスは2007年に終了しました。
そして今の携帯電話普及率は90%を超える勢いとなり、各携帯電話会社でもユーザー獲得のために様々なサービスを展開しています。

機種変更ではなくサービス会社そのものを乗り換えるとSIMカードや以前使っていた携帯電話が不要となり、処分方法が分からずそのまま家に転がっているケースも多いことでしょう。
SIMカードは個人情報そのものですので個人で処分する場合はクレジットカードなどと同様の扱いをし、ハサミで切り刻むといいでしょう。
もしご自分で処分するようならばMNP解約の場合だとSIMカードに残っている携帯電話番号は乗り換え後に使い続けている番号となるため、アクセス可能な状態で処分してしまうと万が一悪用されかねませんので元のショップで処分してもらうことが安全かもしれません。

また不要になった携帯電話(スマートフォン含む)は買取業者に販売する、元のショップで処分してもらうなどがあります。
もしご自分で処分する場合は個人情報流出を防ぐ意味で初期化をし、メモリーカードを抜いておくことをお勧めします。

当サイトオススメの不用品回収業者

かたづけナイト

訪問見積もり不要!オンラインで簡単に出来る見積もりと、明瞭な回収料金、即日回収対応可能。回収作業も最短時10分からと、手続きから回収まで迅速なサービス対応が人気。

公式サイトはこちらから

かたづけナイト 不用品回収


ページの先頭に戻るページの先頭に戻る